ニクオン 肉ハジケテ、音シタタル。

2020.5.30[SAT] 31[SUN] 11:00-19:00 錦糸公園
入場無料

ARTIST出演アーティスト

過去の出演者はコチラ▶

Archive2016
Archive2017
Archive2018
Archive2019

profile

MORE THE MAN

冷牟田竜之(ex:東京スカパラダイスオーケストラ)が2016年3月31日に立ち上げた新バンド。 スペシャルズの2ndを連想させるバンド名 で、神出鬼没、ライブ・シーンに殴り込みをかける。 ファースト・アルバム『Reaper』には、激しくもクールなオリジナル楽曲群、「傷だらけの天使」や「James Bond Theme」「ルパン三世」などのカバーも収録。 スカパラ在籍時から一貫して追い求めてきた、ロック/スカ/ジャズのもっともヒリついた部分を抽出してミクスチャーしたサウンド。 2017年のフジロックでは元晴(ex:SOIL &"PIMP"SESSIONS)加入が決定!2018年2月よりOhyama"B.M.W"Wataru(ex:PE'Z/BimBomBam楽団) がtpとしてサポートメンバーで参加。2018年6月30日 現メンバーとしては初のミニアルバム『Eyes Wide Shut part 1』配信リリース開始。 2019年4月10日 満を持して2ndアルバム『Eyes Wide Shut』発売。冷牟田竜之、元晴、Ohyama"B.M.W"Wataruの日本のインストシーンを牽引した3バンドのメンバーが奇跡的に集結。 ロッカーズ、モッズ、ルースターズによる福岡発のムーブメント『めんたいロック』のアイコン的存在である陣内孝則。百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)、 野村太一(Yellow Studs)を迎え、爆発するエネルギーを内包した全12曲のアルバムリリース。次いで2019年4月13日より全国ツアー『LIVE TOUR 2019 SMASH!』をスタート。 スペシャルなステージで荒れ狂う姿を各地で展開した。
2020年もクールでスリリングな音を追い、SKA(ダンスミュージック)をアップデートし続ける。

profile

tsukuyomi

Jazz界の鬼才・菊地成孔氏に師事したSax奏者、作編曲家の庸蔵が自身の楽曲を現実に再生するユニットとして2011年始動。Jazzをベースに、Hip Hop、R&B、テクノ、エレクトロニカ、AOR、スカ、ラテン、アフロetcに渡る庸蔵のボーダーレスなセンスが反映したようなジャンルレスかつ独創的な世界観を構築。 2014年1stアルバム『honeymooner』リリース。
2018年J-Jazzを牽引するレーベルPlaywrightに移籍、2ndアルバム『Parallel Tripper』リリース。
2019年により自然体で音楽と向き合うえる環境を求めて山梨に移住、2020年現在3rdアルバムの制作に入っている。
メンバーはDs只熊良介、Ba梅田誠志、Gt丸山力巨(MORE THE MAN) 、Pf木村イオリ(bohemianvoodoo)、Vn大岩沙彩。

profile

gimcracks

SKAをベースにRUDE MUSICを奏でる浅草発の6人組バンド "gimcracks"(ジムクラックス)通称ジムクラ。
2017年結成。結成当初から浅草を中心に精力的にライブ活動を行い、野外フェスにも多く出演している。
様々な音楽経歴のあるメンバーに加え、Club店長、Bar経営者など、夜が似合う一癖あるメンバーばかりが集まっているのも、このバンドの特徴だ。 2019年には初のミニアルバム『奇夜羅盤』をリリース。
アルバム収録曲"Hollows Banquet"のMVも注目を集めている。

profile

Ally CARAVAN

突き刺され!バグパイプ!!! 2016年結成。スコットランドの伝統楽器であるグレート・ハイランド・バグパイプを中心に据えたインストゥルメンタルバンド。
本場スコットランドで技能を学び、パフォーマーライセンスを習得したAllyのバグパイプメロディと、 それぞれプロフェッショナルな経験を積み上げてきたコミ(ギター)、アーサー(ベース)、ハジ(ドラム)の精鋭部隊が作り出す非日常的でアグレッシブな音楽に、 果たして世界はついてこれるだろうか。